よくある質問Q&A

「ウミガメ見せてくれる?」

「ちょー初心者でも平気?」

マッキー(牧野)
マッキー(牧野)

HPメニュー内には載せきれない、皆様から寄せられる質問まとめてみました!新しい質問があれば随時追加していきますね。

スケジュール・時間に関すること

Q:那覇ステイだけど送迎あり?

A:はい、ホテル送迎いたします。ただ道路が混むため迎え時間が早くなるのと戻りが遅くなりますことご了承ください。もし北谷や中部方面ステイをご希望であれば、到着日や帰る日の空港間送迎も承っています。北谷エリアの安くて雰囲気の良いホテルやゲストハウスの紹介もしますので、ぜひご相談ください。

 

Q:当日予約はできる?

A:はい、その日こちらに他の予約が無く、当日朝9:00までにご連絡(携帯09045584999)頂ければ、プログラムにより(ボートダイビングはNG)予約を受付けることは可能です。

 

Q:午前中に終了できる?

A:はい、当日の海況にもよりますが、ファンダイビングや体験コース・スノーケリングなど、ビーチからエントリーするプログラムであれば、問題なく午前中に終了できます。またボートを使ったプログラムの場合も午前中終了はできますが、海況その他で遅延する場合があることご了承の上での受付となります。

 

Q:那覇空港到着日に潜れる?

A:はい、プログラムによりますが(ボート利用はNG)到着時間が10時までの便であれば、受付することができます。ただし、空港ピックアップ送迎のみの受付(レンタカーでの現地集合はNG)となります。

 

Q:午後からのスタートはできる?

A:はい、できます。ビーチダイビングや体験コース・スノーケリングであれば対応可能です。ボートダイビングの場合は、その時の海況により可能か否かの回答は前日夜となります。

 

Q:レンタカーで現地またショップ集合できる?

A:はい、できます。しかし現地の場合、場所によってはわかりにくかったり、時期によっては渋滞や駐車場の満車もかなりの確率で発生します。できましたら送迎のご利用お勧めいたします。

 

料金に関すること

Q:ディスカウントできる?なにか特典は?

A:なるべくリーズナブルにより良いサービスを提供したい気持ちはあります!料金自体は値引きできないのですが、各プログラム参加の方へ、記念の水中フォトや動画、また日焼け対策グッズとして帽子やラッシュガード(女性・お子さん)の無料貸出、そしてアフターの島内観光も無料(場所や施設により有料)にて案内させて頂きます。

 

Q:クレジットカードやPayPay は使える?

A:支払い方法は、現金・PayPay・事前振込 のいずれかとなります。クレジットカードは使えないことご了承願います。

 

気象・海況に関すること

Q:台風が心配だけど?

A:世間一般的な沖縄のシーズン7~9月はどうしても台風シーズンとなります。幸い沖縄本島は地理的に恵まれており、台風が直撃でもしない限りは、どこかしら潜れる場所はあるものです。ただし、時間や潜水地また水中コンディション等ご希望に添えなくなることも想定されます。そして台風は場合により、行き帰りの飛行機が飛ばなくなるようなケースもありますので、こちらも状況を随時確認し、お客様へのお勧めや代替えプランも案内いたします。せっかく当店にご予約いただいた方に最大限に旅を楽しんでもらえるよう、こちらも一緒になって解決策を考えます。心配な事はご遠慮なく言ってください!

 

体験ダイビングに関すること

Q:子供は何歳から?

A:年齢条件は10歳からとなります。無理のないその時いちばん穏やかで魚がたくさんいる場所での開催となります。大人の方がご一緒の場合でも、浅場の安全な場所でお子様の快適さを優先した内容となりますことご了承ください。親子で潜った記念の水中フォトもプレゼントいたします。

 

Q:体験ダイブ2本目もできる?

A:はい、もちろんできます。慣れたところででの2本目はより水中を楽しめますので、とてもオススメです!追加料金は4000円税込みとなります。

 

Q:アラハビーチやサンセットビーチで体験ダイビングできる?

A:いいえ、北谷町内でビーチダイビングができるのは、砂辺ポイントのみとなります。

 

Q:体験ダイブで大物に逢える?

A:はい、地球上最大のジンベイザメに逢えます!北谷町となりの読谷村にて、沖に設置された水中の巨大な網の中にいるジンベイに、ボート利用で会いに行くことができます。実際に潜るのは網の上部で水深2~3mの場所で、網に掴まった安定した姿勢でじっくり見ることができるので、とてもお勧めできます。夏季や週末は特に混むので予約が必須なのと、海況により開催可能か否かは前日夜に決まることになります。

 

ファンダイビングに関すること

Q:一人での参加はOK?

A:はい、もちろん大丈夫です。お客様の7割はお1人での参加です。当店は少人数制にて、先にご予約いただいた方のおよその経験値を優先し、同じようなレベルのダイバーMAX4名までとさせていただいてます。またノンダイバーの方の同伴(お子様は要保護者)も状況に応じて対応いたします。ぜひご相談ください。

 

Q:ウミガメに逢いたい!

A:この質問多いんですよ。ボートポイントであれば、ウミガメに逢える確率の高いポイントへ案内することができます。当日海況が良くそのポイントへさえ行ければ、全力を尽くしてウミガメいそうなところ探します。いま勝率は8割ほどですが、精進いたします。ぜひご相談ください!

 

Q:ライセンス取ったばかりだけど大丈夫?

A:はい、大丈夫です。最初の1本はチェックも兼ねた浅場でのダイビングとなりまして、そ2本目以降は、その方のスキル度合いによりポイント選択いたします。なにか特別な追加料金など発生いたしません。

 

Q:2月3月は寒い?

A:この質問もよくいただきます。正直、寒いと感じる方が多いと思います…が!対策ひとつで全然ヘッチャラに潜れてしまうのも事実です。
2~3月は水温20~21度と安定はしていますが、ウェットスーツで快適に潜れるちょうどボーダーラインとなり、日によって寒い日とそうでない日とで大きく差が出る時期です。
寒さを感じる主な要因としては以下が挙げられます。
・保護スーツの種類
・陸上の状況(気温・日照・風・休憩場所)
・個人差
2月でも夏日となるような日は風も弱いので、寒さに弱い方以外であればウェットスーツでも快適に潜ることはできます。しかし北風が強く吹く日は、気温は20度を下回り風により体感温度も下がるため、さらに寒く感じます。水中にいる間は大丈夫ですが、海から上がって濡れたスーツに風が当たるととても体が冷え、ボートコート着てたとしても、2本目を潜る意欲が無くなってしまうことも多々あります。
そんなときの対策としては、以下がオススメです。
・替えの水着を準備しておき上がったらすぐ着替える
・2本目は乾いたレンタルスーツ利用
・ドライスーツレンタル利用
冬の時期の沖縄の海は、とても空いていて、クジラの声に包まれる幸せを感じることのできる絶好なシーズンとも言えます。防寒対策さえしっかりすれば、夏のうだるような暑さよりもむしろ快適に潜ることも可能なので、ぜひご相談ください!

 

ライセンス取得・各講習に関すること

Q:ライセンス取得コース中に青の洞窟は潜れる?

A:はい、海況コンディションと個人的なスキル習得度合いに問題が無ければ、ご希望の場所での海洋実習を開催いたします。

 

Q:到着した日から参加できる?

A:基本的には朝からのスタートとなりますが、柔軟に対応いたします。ただし、帰りの飛行機搭乗日には潜れませんのでご留意願います。

 

Q:2日間の海洋実習は分割できる?

A:はい、できます。たとえば間をおいて隔週にするとかは全く問題ありません。ただし2日間で行う4ダイブを1日にまとめることはできません。

 

Q:以前怖い思いをして断念しましたが?

A:大丈夫です、その原因と解決策は必ずあります。過去千人以上のダイバー誕生に立ち会った私が、一緒に考えベストな方法を案内いたします。もし学科がお済で教材等をお持ちであれば、値引きも致します。ご遠慮なくおっしゃってください。何事もチャレンジが大事です!応援させてくださいね。

 

キャンセル・変更に関すること

Q:台風や天気悪化でキャンセルしたい

A:沖縄の夏季でいちばんのトラブルがこれですね。まず雨に関しては海況や交通に問題がない場合は開催可能なので、キャンセルの場合は所定のキャンセル代がかかります。逆に快晴でぱっと見穏やかそうな海でも、ウネリや前線による海況変化が懸念される場合は、中止や潜水地の変更をさせていただく場合があります。
台風の場合は、プログラムの開催が可能か否かと併せて、台風によるお客様の旅程への影響も考慮して、総合的に判断いたします。もし潜れても視界が悪すぎたり全く楽しめない事が想定できればこちらから中止を提案するこもあれば、天気予報とは裏腹に全く穏やかで問題なく潜れる場合のキャンセルはキャンセル料をいただいたりと、ケースバイケースです。
ただし、状況悪い中なんとか潜らせて料金貰おうなどという気持ちは全く無く、ギリギリまで判断を遅らせるようなこともいたしません。皆さんのがっかりする顔は見たくありませんので。
台風時の中止判断は可能な限り早く案内いたします。万が一逸れて通常に潜れることとなった時の再予約も快く受付けます。ぜひご相談ください。

 

体調などに関すること

Q:耳抜きに自信がないけど?

A:よくある質問です。耳抜きができない(抜けにくい)のはたいていの場合いくつかの原因があり、それを一つ一つクリアするとできるようになるものです。過去に同じような方たくさんいらっしゃいましたが、結果的に皆できるようになれました。場合により1本目は様子見で浅場でのチェックダイブとなりますが、慣れれば2本目以降は通常コースにて潜っていただけます。追加料金などは発生いたしません。

 

Q:何歳まで潜れる?

A:ダイビングをするにあたりとくに年齢上限はありません。ただし55歳以上(体験やライセンスコースは50歳)の方はかかりつけのお医者さんによる承諾書(書式あり)が必要なのと、体力的に合わせたポイントの選択となることご了承いただいてます。ちなみに先日ライセンス取得コースを受けられた方は80歳と77歳のご夫婦でした。珊瑚がキレイで穏やかな海でばっちりダイバーデビューすることができましたよ^^

 

その他のお悩み

Q:フルフェイスマスクで潜れる?

A:はい、潜れます。ダイバーによっては何らかの理由でフルフェイスマスク(目鼻口を覆う)を利用するかたがおります。フルフェイスマスクの使用にはある程度の慣れと注意点が必要ですが、それをマスターしている方なら、全く問題なく使用することができます。現在レンタルは扱っておりませんが、需要が増えるようであれば導入も考えております。

 

 

タイトルとURLをコピーしました